新米高齢母ちゃんの日記

不妊治療を経て41歳で高齢出産しました!出産や子育て、日常のことを中心に綴ります。

人工授精が保険適用へ!

とても喜ばしいニュース!だと思います。


不妊治療を語るうえで決して無視できないその費用の高さ。不妊治療は精神的、経済的、時間的な負担が多いとされる中でも、経済的な理由で諦める方も少なくない。


わたし個人としても、高額な不妊治療費に二の足を踏んでしまったことがあり、自由診療である不妊治療に対する疑問は常々持っていました。


素人目線でも、禁煙外来ギャンブル依存症には保険適用されるのになぜ不妊治療がいまだ適用されないのか、

社会問題である少子化の改善に有効であるはずなのにそれがなぜ依然として自由診療のままなのかわからない。


自由診療という名の下、不妊治療はクリニックごとに内容や費用が異なり、治療実績も明らかされていないこともあったりで、透明性に欠けるという問題。

そして透明性がなく標準的な治療もわからないまま、成果が得られなず転院を繰り返す患者も少なくないといった問題もあるという認識です。



不妊治療の原因として卵子の高齢化が主にとりあげられ、さらに女性の自己責任問題に結びつけられがちではあり(これは決して正しくないけれど)、それが保険適用のハードルを上げてる感もありまた人工授精が妊娠の可能性を大幅にあげるものではないことは充分承知してますがでも、これはやっとの一歩。


もちろん年齢や回数などの細かな条件は必要かと思いますが、より不妊治療がより一般的なものになるように拡充されていってほしい!


もう、わたしは残念ながら恩恵にあずかることはないだろうけれど今後を全力で支持したいと思います。